スタッフブログ

2017.01.24

温熱とHSPと体のメンテナンス

 こんにちは。

1月21日(土)に『温熱体験レッスンin武蔵小杉』を開催しました。

参加者1人1人の体質を測定して、

温熱による体の変化についても説明したあと、

温熱体験をして頂きました。

私たちの体は、生体エネルギー(電気)で動いています。

そのエネルギーが強すぎたり、弱すぎたりすると不調につながるのだと私たちは考えています。

強すぎる分にはまだしも、現代では「弱すぎる」方が多いのです。。。

温熱の力は、昔から治癒としても使われてきました。

例えば、お腹が痛ければ日光で温まった石を乗せたり、

映画の「テルマエロマエ」でもご存知の通り、温浴して傷や疲労を癒していました。

温熱には、人の疲労や傷を癒す力があるんです。

それを体験して頂き、とても喜んでいただけました!

人の疲労や傷を癒す力は、実証されていて、

HSP(ヒートショックプロテイン)という細胞にあるタンパク質の働きも、

温熱によって活発になることが分かっています。

このHSP(ヒートショックプロテイン)は、体内温度が38度以上になると

たくさん発現してくるのです。

その働きは、疲労を回復させたり、炎症から守ったり、コラーゲンも作ってくれたり

良いことづくめなんです!

なので、学んで頂くと、自宅で体のメンテナンスとして活用できます。

人気の温熱体験レッスンですが、

少人数制で行う体験セミナーですので、

また次回もお早めにご予約下さいませ!

3~4名集まってご依頼頂いてもけっこうです!

体のメンテナンスのために、ぜひ学びませんか?

お問い合わせはこちら

Copyright (C) シエルドマリ All Rights Reserved.