国際保健技療学会

健康づくり

学会情報

学会理念

国際保健技療学会

真の美と健康は、正しい保健科学に基づく各人の創意工夫と自助努力によって実践的に創造されるものです。
(スピリチュアルヘルス&アクティブエイジング)

ポイント

かつて1970年代から2000年にかけ、アメリカのガン医療対策においては、医療費の財政圧迫という事情もあって、いち早く対ガンの路線変更を見直し、従来の医療一辺倒主義→早期発見・治療(切る、叩く、焼く)から補完代替医療を認める「統合医療時代」へと大きく転換しました。

一方、この間、現在の日本では、3人に1人が「ガン」で倒れ、5人に1人は、「心(脳)の病気(うつ)」で人間性を失い、「生ける屍」になりかねない状況になっており、日本の現代医療では、その問題に道筋を示せず、それは、今日に至っても改善されておりません。

保健学博士松本英聖先生(1929-2013)は、WHO(世界保健機構)で健康の定義に関して検討された「霊性の健康」を、「人間性の向上と自己実現」に向かって努力するプロセスと位置づけ、その実践プログラムを「スピリチュアルヘルス&アクティブエイジング」と名付けました。

そして、この目標実現に当たっては、互いに励まし合い、助け合うサークル活動が必要であり、そこでは「生き甲斐と希望と気力、そして感謝と笑い」の中で「心豊かな人生」を実現することであろうと提唱したのです。

真の美と健康は、正しい保健科学に基づく各人の創意工夫と自助努力によって実践的に創造されるもの(スピリチュアルヘルス&アクティブエイジング)であって、WHO(世界保健機構)の掲げる“すべての人に健康を~health for All!~”はそれによって実現するものであると定めました。

松本先生は、それを「保健技療」と名付け、その最先端の技術をマスターした学問指導者とともに「健康革命」を実現しようと志すための団体として、統合医療学術団体「国際保健技療学会」を創設したのです。

松本先生は、美養法が保健技療の実践を担うものであると評価くださっておりましたが、先生は逝去に先立ち、「保健技療」のさらなる普及を付託されました。

そこで、趣旨に共感いただける医師、治療師、薬剤師、弁護士、エステティシャンなど幅広い分野の皆様方と力を合わせて、「病なき世界の実現」を目指し、より良い技術構築やより良い製品づくりを勧めるため、「美養研究会」の活動を一歩進め、松本先生の掲げた「国際保健技療学会」を継承することにいたしました。

より社会貢献するためには、NPO法人として掲げることが公平性を保ち、より純粋に理念を推進できるものと確信し、ここに「内閣府認証NPO法人国際保健技療学会」として再スタートを切ることがふさわしいとの思いでおります。

本学会の趣旨に賛同する方々・団体が増えていくことで、より学会の活動によって真の美と健康を手にする方が増え、笑顔があふれる時代が来ることを願い、老若男女問わず、健康で安心して暮らせる地域社会づくりに貢献していきたいと考えております。

平成26年8月26日
NPO法人 国際保健技療学会
設立発起人 沼倉萬里江

【経緯】
1960年   松本英聖先生が森下敬一先生の理論に共鳴。以来、保健医学の活動を開始する。
1998年   学術団体国際保健技療学会設立 沼倉萬里枝美養研究会加盟団体として参加。
2005年4月 NPO法人美養研究会 設立認証。
2014年7月 NPO法人美養研究会をNPO法人国際保健技療学会に名称変更。

活動内容

活動内容

生涯学習指導・人材育成の為の研修活動・自宅開業・保健技療に基く事業認定・出張ケア・会員募集のお知らせ ・お問い合わせ先

ポイント

【生涯学習指導】
介護予防をテーマに、政府も各自治体も工夫を凝らしています。
千葉や横浜、府中(東京)、静岡、福岡などで、ケイラク・ツボ体操や排毒健康法教室が保健技療に基づいて行なわれています。
生涯現役の実現を掲げ、日常生活や身の回りの世話について介助を必要としない自立した生活を送れる体作りを提案し、実現に向けた具体的な生活指導を行っています。
社会福祉支援環境が厳しくなっている現在、生涯現役を実現する体操やツボについて学ぶ教室が各地で催されています。

【人材育成の為の研修活動】
《高齢者福祉》
企業や団体において高齢者に対するサービスの必要性が増してきています。
しかし、机の上で学んだことが実際の現場では通じないことが多々あります。
高齢者の実際の体の状態を擬似体験し、日常生活の変化を体験学習する研修に保健技療の考え方を加えた研修を行っております。
病院や学校関係者、旅行代理店、スーパーの店員など、人と接する業務の方が例年受講しています。
毎回、目からウロコという感想が多く寄せられています。

《高い福祉意識を持った人材育成》
高いホスピタリティ(思いやり、おもてなしの心)を持った人材が様々な現場で求められています。
そうした素質は、本来日常生活の中で人と人とが顔を合わせ、触れ合う中で培われてくるものですが、現代では個人の感覚によってばらつきが生じてしまいます。 
各企業や現場で採用された貴重な戦力となる人材に、より高い次元のホスピタリティマインドを持っていただき、質の高いサービスを提供できる人間性とモチベーションを身に付けて頂く研修を指導しています。

《予防に特化した健康カウンセリング》
究極の予防は「未病」の段階で身体の情報を察知し、日常生活の中で軌道修正して問題発生を事前に防ぐこと。
国際保健技療学会では、常識にとらわれず、幅広い分野の研究から、体質に合った適切な健康づくり指導やカウンセリングを行っています。

【自宅開業】
「もともとは自分と家族の健康の為にはじめたことが、続けるうちに人が集まって、いつの間にか自宅の一室がエステルームになってしまいました。」そんな話が沢山寄せられています。
仲間で勉強してお互い練習するうちに規模が大きくなって、今ではお店を構えるまでになってしまった方々が全国に増えています。
健康ブームの中、長く続けられて人に喜ばれるやりがいのある仕事をしたい人たちが増えています。
また、ライフスタイルの変化に伴い、女性でも自立していける技術と知識を身につける必要性が生じています。
一生モノの能力を身につけ、生涯現役で活躍できる生活環境づくりが求められているのです。
国際保健技療学会では高い技術と安全性・一貫した理念に基づく健康事業・美容事業及び人材育成事業を認定・推奨しています。

【保健技療に基く事業認定】
情報のあふれる現代にあって、病なき世界の実現に向けた確かな技術や研究の普及が求められています。
独創性や理念の一貫性、高い安全性で社会に貢献する企業・団体を応援します。
また、保健技量の観点に基づいて、病なき世界の実現に向けた「ものづくり」の選定・支援も行っていきます。

【出張ケア】
入浴施設、高齢者施設、スポーツクラブ、ホテルなどで保健技療に基づく新たな取り組みが高い評価を受けています。
保健技療の考え方に基づいた排毒健康増進法は、リラクゼーションから健康増進、介護予防、デトックス、ダイエットなど、幅広い要望に応えられるため、新規の導入が加速しています。
当学会ではどのような現場でも利用者に安心してご利用いただき、健康づくりの成果を得られるような技術の研究と指導を行っています。
国際保健技療学会が認定するスクーリングカリキュラムは、科学的な知見だけでなく長年の経験則や幅広い分野での研究成果をもとに育成が行われるように考えられています。
今は一人一人の個人の資質や人間性がより求められる時代です。
NPO法人国際保健技療学会では心技体の充実した人財育成を行っています。

【 会員募集のお知らせ 】
国際保健技療学会では、当会の趣旨に賛同し、活動に参加・支援してくださる会員の皆様を募集しています。

正会員  :当会を一緒に運営していただく会員(個人・団体)
賛助会員 :当会を援助してくださる会員(個人・団体)
一般会員 :当会の主旨に賛同し入会してくださる会員(個人)

◇ 正会員  年会費  6,000円   入会金 10,000円
◇ 賛助会員 年会費 12,000円   入会金 10,000円
       寄付金(1口 10,000円以上)

【 会員特典 】
○ 情報の提供・健康増進に関する会報誌「すみれ(年4回発行)」を無料でお届けします。
○ 当会が行う、各種健康講座・セミナー等のご案内及び参加割引

【 賛助会員特典 】
○ 当会協賛店舗にてご使用いただける、ご優待券進呈
○ 健康相談会、講演会へのご招待
○ 法人会員で寄付金をいただいた法人は、1年間に限りすみれに無料広告・情報の掲載等ができます。
 ◎弁護士・税理士・薬剤師などによるセミナー、相談会へのご優待
※ぜひ皆様、健康づくり運動にご参加ください。

認定商品

学会認定商品の紹介

・シエルピュアアン

細胞のストレスに対抗するタンパク質(ヒートショックプロテイン)を誘発する結果が得られており、ヒートショックプロテインは、現代人の免疫力を上げる作用があることから、肌からの健康づくりに期待できるものとして認定。

シエルピュアアン(箱有り)

●ベラーム21

お茶として飲用し、腸内環境を整える食品として、日本全国で多くの方に喜ばれている。病気の素である「活性酸素」の除去成分が配合されており、病気を防ぐことに期待が出来る。使用者のアンケート調査の結果、健康増進に期待できるものとして認定。

ベラーム90&スティック

●シエルドマリ基礎化粧品

シエルピュアアンと同様にタンパク質の誘発が期待でき、ベラーム21と同様の主要成分による病気の素「活性酸素」除去に期待ができる。肌(真皮層)に溜まった毒素の排出による健康づくりに期待できるものとして認定。

●サポニンピュール

古くから生薬として使われている高麗人参由来の有効成分サポニンを詰めたカプセルで、サポニンは血管の拡張や免疫力の向上に期待ができる働きを持っている。血管の拡張は血圧を下げる、心臓の負担を下げるなど、健康増進に期待できるものとして認定。

Copyright (C) シエルドマリ All Rights Reserved.